富士山表口元祖七合目は、富士山頂への最短ルート富士宮口登山道の山室です。

ホーム > こだわり

富士山表口元祖七合目 山室のご案内


富士宮口登山道から見た富士山表口元祖七合目  新五合目から続く砂礫の多い登山道を登り、岩の回廊を登り切った所に富士山表口元祖七合目はあります。
 富士山表口元祖七合目は、富士宮口登山道の真ん中、登山・下山の折り返し点の山室です。

バイオトイレ木彫りの看板

バイオトイレ
富士山の環境保全のため、他の利用者のためにも、きれいにご利用下さい。
木彫りの看板
父の友人が作ってくれた自慢の看板です。
ページの先頭へ戻る

年配の登山者を応援します

囲炉裏端の書き込み  登山者が集う囲炉裏際のの壁には、数多くの登山者の書き込みがあります。その一つに、99歳の登山者の書き込みがあります。
 「一生に一度の記念に」、「富士山本宮浅間神社に参拝して、富士山高齢登拝者番付に名前を載せたい」、富士山表口元祖七合目では、古くからそんな想いを胸に登山する年配者の富士登山を応援してきました。
 富士宮登山道の中間点にある富士山表口元祖七合目は、比較的空気も濃いので高山病にもかかりにくいことが特徴の一つです。
 2000年は広島県からの97歳の登山者が山頂を目指し、この山室に宿泊していきました。年配者の皆さんぜひ無理のない計画で山頂を目指してください。
ページの先頭へ戻る

メニューへのこだわり

壁に掲げられたメニュー表  富士山表口元祖七合目では食事にもこだわりを持っています。
「落ち着いた雰囲気で食べていただきたい」
「登山の力となる料理を」
「満足していただける一品を」

 この3つを基本テーマに食堂を運営をしています。
食堂営業時間 午前6時〜午後7時

◆富士山表口元祖七合目人気メニューその1
富士山うどん

中華あんとうどんの組み合わせが絶妙な一品。
富士山うどんは宿泊した藤井さんのヒントがきっかけでした。
「ボリュームがあって栄養も取れる一品を、中華あんとうどんを組み合わせてみたら。」
それが富士山うどん誕生のきっかけでした。
現在最も人気のあるメニューです。
◆富士山表口元祖七合目人気メニューその2
うめこぶ茶

富士山表口元祖七合目の数あるメニューのなかで一番のロングランをほこる一品。
戦前から「名物 大梅干の梅干茶」として出されてきました。
梅干に含まれるクエン酸は疲労回復の促進、適度な塩分と水分は熱射病の予防にぴったりです。
◆富士山表口元祖七合目人気メニューその3
富士宮やきそば

B1グランプリでの優勝を誇る静岡県富士宮市のご当地グルメ、富士宮やきそば!

◆富士山表口元祖七合目 メニュー表
牛丼 1,300円 おでん 800円
中華丼 1,300円 もつ煮 800円
ピラフ 1,300円 おしるこ(もち入り) 700円
カレーライス 1,300円 うめこぶ茶 600円
富士山うどん 1,300円 ホットコーヒー 600円
カレーうどん 1,200円 ビール 700円
うどん 800円 酒(一合) 700円
富士宮やきそば 800円 ペットボトル飲料500円
おにぎり(2個) 700円 みそ汁 500円
カップラーメン 700円 たまごスープ 500円
ライス 500円 コーンスープ 500円
◆富士山 和紅茶 【7月8日(月)より】
友人のお茶屋さんが作った お茶の葉の紅茶を元祖七合目限定で販売を始めました。
ほんのり甘みがあり、苦みが少ない。口あたりやのど越しの軽さが印象的な紅茶です。
砂糖やミルクを入れなくてもストレートでおいしく飲める、そんな紅茶ができました。
一口飲んでみませんか?
「和のテイスト、富士山 和紅茶」 香り高いべにふうきの優しさを今、農場から元祖七合目を通してあなたへ
ページの先頭へ戻る

布団へのこだわり

山室の屋根を使った一斉布団乾し  富士山表口元祖七合目のこだわりの一つに、「布団乾し」があります。
 「宿泊する登山者の皆さんに、快適に寝ていただきたい」 その思いで、晴天の日には必ず行っています。
 太陽の熱で温まったふかふかの布団で、登山の疲れを癒してください。

 富士山表口元祖七合目では、客室前の狭い通路に設置した特大の物干し竿を使い布団をて乾しています。
 「不安定な物干しを倒さずに、手際よく布団をひっくり返す」
 この作業は簡単そうに見えて、実は熟練を要する技の一つなのです。また、空気の薄い富士山では、重い布団を上げ下げする「布団乾し」は従業員泣かせの仕事でもあります。

山室の屋根を使った一斉布団乾し
山室の屋根を使った一斉布団乾し
山室の屋根を使った一斉布団乾し
ページの先頭へ戻る

富士山表口元祖七合目限定商品

◆富士山手拭い(全5色) 1,000円
元祖七合目限定! 富士山手拭い
富士登山の必須アイテム。
日本の伝統手拭いを頭に巻いて日本一の富士山頂を目指せ!

ページの先頭へ戻る